新しい記事として、「環境ファイナンス分野における国際規格動向」(奥野麻衣子著)と「ビジネスの基本ルールは自ら作れ」(市川芳明著)を掲載しました!

奥野麻衣子氏は、2008年からISO/TC207/SC1(環境マネジメントシステム)のエキスパートを務めるEMS規格の重鎮であり、グリーンファイナンス・サステナブルファイナンスに係る金融の標準化でも活躍しています。「環境ファイナンス分野における国際規格動向」は、アイソス2019年10月号から2020年3月号まで連載された記事の全文です。

市川芳明氏は、環境配慮設計とスマートコミュニティインフラにおいてISO規格開発を主導してきたコンセプト規格の第一人者であり、Society 5.0の国際規格化推進の主要人物です。「ビジネスの基本ルールは自ら作れ」は、アイソス2019年4月号から同年9月号まで連載された記事の全文です。