新しい記事として、「IATF 16949 ワンポイントレッスン」(菱沼雅博著)と「サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み」(水流聡子著)を掲載しました!

菱沼雅博氏は、IATF 16949関連の和訳や解説書で著名な方です。日産自動車で設計・開発、品質保証部門を担当した後、日本規格協会、日産タイ子会社出向を経て、現在日本品質保証機構(JQA)に在籍。IATF 16949の規格解説をメインにした本連載「IATF 16949 ワンポイントレッスン」は、アイソス2019年4月号から2020年3月号まで1年間連載された記事の全文です。

水流聡子氏は、医療分野の品質でご活躍されていますが、日本のサービス標準化推進の主導者の一人でもあります。ISO/TC312(エクセレンス イン サービス)の国内対策委員会委員長であり、ISO/TC312/WG 2(設計)の主査でもあります。サービスエクセレンスにおける世界及び日本での標準化活動をコンパクトにまとめた「サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み」は、アイソス2019年10月号から2020年1月号、同年3月号と6月号の合計6回分の連載記事の全文です。