メールマガジン「アイソス番外編」(第265号)を発行しました

アイソス発行のメールマガジン「アイソス番外編」第265号を発行しました。今回は以下の4つのニュースが掲載されています。

1. Society 5.0 国際規格化の前哨戦は2月
2. 若い人を魅了する学会に
3. 新年号の特集は『ISO 9000ベース「人材育成」の勧め』
4. 次号予告(アイソス2月号)

「アイソス番外編」のお申し込みはこちら

Society 5.0 国際規格化の前哨戦は2月

Society 5.0を国際規格にしたいということで、日本がISOに提案し、国際規格化に向けた審議の準備会議としてワークショップを開催することが8月に承認されました。このワークショップは来年2月10日・11日(オンライン会議 :ISO/IWA39)に開催され、日本が新規規格提案を行います。ここで合意が取れれば、新たにTCを設置し、国際規格の審議が正式にスタートすることになります。実現すれば、国家的大プロジェクトになるでしょう。同会議への登録用紙が日本規格協会から公開されています。英語が堪能で、Society 5.0の国際規格化に大いに関心があり、自分はその推進に貢献できる力量を持っているとお考えの方は、応募してみてはいかがでしょうか?