飯塚悦功氏の大作を掲載しました

飯塚悦功氏(東京大学名誉教授)が2年間かけてアイソスに執筆した大作『持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ』(2018年4月号〜2020年3月号に連載)を全文掲載しました。24回分の連載記事を「前編」と「後編」に分けて編集しています。「前編」では、前半1年分の記事を載せており、主なテーマは、品質管理の系譜、TQMの構成要素、品質保証、クレーム処理、プロセス管理、標準化、継続的改善などです。「後編」 では、最初に人間尊重経営(人の質の管理、全員参加、後工程はお客様)を解説、続いて、日本的TQMのメインテーマである「日常管理」「方針管理」を扱い、最後に継続的改善の基本技術として「問題解決」を詳細に解説しています。

詳細はこちら