記事4本を紹介しました


下記4人の執筆者による連載記事と特集の一部を紹介しました。

①荻原直紀によるナレッジマネジメト
現在起きている日本企業の品質や技術継承の問題の原因の1つはナレッジマネジメント不足にある・・・ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン代表取締役社長の荻原直紀氏はそう強調しています。荻原氏によるISO 30401の解説と同規格を活用した日本企業への処方箋を提示した魅力的な論考です。

②中災防によるJIS Q 45100解説
日本で唯一JIS Q 45100(日本版OHSMS規格)の審査を実施している中央労働災害防止協会(中災防)が、JIS Q 45100を中心に発行経緯、有効性、認証スキーム、規格要件、審査の特徴、認証取得のポイントなどについて、アイソスで詳細に解説してくれました。その連載の一部を掲載しています。

③青柳裕美による食材調達基準GAP
日本GAP協会の青柳裕美さんに、世界のさまざまなGAP認証制度、GFSI(Global Food Safety Initiative:世界食品安全イニシアティブ)承認のGAP、その中でも東京オリンピック・パラリンピックにおける食材調達基準に採用されたASIAGAP、JGAP、GLOBAL.G.A.P.などについて解説いただきました。

④野口和彦によるISO 31000のポイント
アイソス2020年9月号の特集「企業が生き延びるためのリスクマネジメント」にて、横浜国立大学客員教授・野口和彦氏に「ISO 31000の改訂ポイントと活用の奨め 〜リスク管理からリスクマネジメントへ〜」をテーマとする論考を執筆いただきました。本ページではその全文を掲載しています。

詳細はこちら。