新しい記事を4本追加しました


(1)JQA ISO審査員職務体験講座


日本品質保証機構(JQA)は、JQA審査アカデミーを2021年7月に開設しました。これは、ISO審査員という仕事に関心のある人や将来ISO審査員への転身を考えている人を対象にした、ISOマネジメントシステム審査に必要な知識や力量の一部を6回にわたる通学講義・演習によって学習することができる研修コースです。



(2)BSI 監査員資格の登録サービス


BSIジャパンは2021年夏からBSI監査員資格の登録サービスをスタートさせました。これは、BSIが提供する所定の研修を修了し試験に合格した人に監査員資格を付与するもので、資格レベルはプラクティショナー、プロフェッショナル、認証プロフェッショナルの3段階で、それぞれに内部監査員資格と主任審査員資格とがあります。



(3)大野香代による ISO 14030シリーズ解説


ISO 14030(グリーン債)シリーズの解説の執筆を大野香代氏にお願いしました。本稿は、同連載最終回(2022年3月号)の抜粋記事であり、ISO 14030シリーズを取り巻く国際規格について整理し、国内のグリーン債の推進に向けてISO 14030シリーズをどのように活用することができるかについての提言が掲載されています。



(4)角野裕哉による 小水力発電 × SDGs


中部大学ESDエコマネーチームは学生主体の標準化教育や標準化教材の開発・普及に取り組んでいます。アイソスでは同チーム卒業生が社会人になって、大学で学んだ標準化の知見を職場でどのように活用しているかを連載で紹介しました。今回は連載第3回として角野裕哉氏の「小水力発電 × SDGs」の取組みを紹介します。