沿革

年月 内容
1995/10 中尾優作が個人事業としてシステム規格社を創設。退職金でMacとプリンターとスキャナーとFAX付き電話機を購入し、自宅の4畳半の一室で事業を開始。
1996/01 季刊誌「システム規格」を創刊。
1998/04 株式会社システム規格社を設立。
1998/07 季刊誌「システム規格」を改題し、月刊誌「アイソス」を発刊。
2006/03 アイソス創刊第100号を発行。
2014/06 アイソス創刊第200号を発行。
2016/09 富士山マガジンサービスからアイソス「デジタル版」の販売開始。
2016/12 アイソスの年間購読業務を富士山マガジンサービスに、単品購読業務をアマゾンに全面委託。
2018/03 アイソス2018年4月号から誌面のオールカラー化実現。
2019/03 アイソス2019年4月号から掲載記事にQRコードを付け、スマホやPCでもアイソスのPDF記事が可読に。
2020/03 アイソス2020年4月号から文字を大きく(13級から14級に)するとともに、ユニバーサルデザインを採用したUD書体(文章が読みやすく、読み間違えにくいのが特長)を全面採用。