メールマガジン「アイソス番外編」(第260号)を発行しました

アイソス発行のメールマガジン「アイソス番外編」第260号を発行しました。今回は以下の3つのニュースが掲載されています。

1. 先着5名様をSSMシンポに無料ご招待
2. 8月号の特集は「IATF 16949の7つの意図」
3. 次号予告(アイソス9月号)

「アイソス番外編」のお申し込みはこちら

IATF 16949に対するサプライヤーの7つの弱点

アイソス8月号の特集では、武内幸雄氏(IATF 16949審査員、コンサルタント)に、長年にわたる審査及びコンサルティング経験を踏まえ、自動車部品サプライヤーがIATF 16949の意図を十分理解していないと思われるテーマを7つ選んで、その問題点と対応方法を解説していただきました。この特集には、武内氏の、自動車会社で30年間、自動車部品会社で8年間蓄積してきた経験と技術、20年にわたる審査とコンサルティングで得た知見が凝縮されています。

(詳細はアイソスメールマガジン「アイソス番外編」で)