アイソス 特集 建設ISOの改訂対応 [2016年04月号221号]

販売価格: 1,980円(税込)

Amazonの雑誌版は在庫切れです。Fujisanのデジタル版をご購入ください。

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

アイソスの購読は下記のボタンから

認証機関が提案する建設ISOの改訂対応

本特集では、建設専門認証機関である建材試験センター、ベターリビング、マネジメントシステム評価センター、日本建築センターから、2015年版による審査はどのような内容になるのかについて説明いただくとともに、コンサルタント・三戸部徹氏からは組織の2015年版対応について解説いただきました。

Viewpoint this month

地域の中堅・中小企業などが有する尖った技術・製品を発掘し、標準化を通して国内外のマーケティングを支援することを意図した「標準化活動支援パートナーシップ制度」の趣旨と仕組み、今後の展開などについて、日本規格協会・統合標準化相談室長の若井博雄氏から話を聞きました。

目次(本文112ページ)


特集 建設ISOの改訂対応

改訂版規格で審査はどうなるのか、建設系認証機関にいろいろ質問してみる。例えば以下のような質問にどんな回答があったのか。詳しくは月刊アイソス4月号の特集記事で紹介。

・組織の状況、リスク及び機会の特定に関して、組織が特定したものの是非はどう判断するのか。漏れなく特定しているのかどうかなど。
・リーダーシップ、事業プロセスへの統合に関して、トップマネジメントは実証しなければならないとあるが、トップインタビューの際にその証拠を示す必要があるのか。口頭でもよいのか。
・パフォーマンス向上と有効性について、パフォーマンスは要求事項へ適合しているか、有効性はそのパフォーマンスが向上しているか、これらをどう判断するのか。
・適用範囲に関して、組織が決定した適用範囲の妥当性をどう判断するのか。
不適合となる場合はどういう場合か。 ・文書化した情報に関して、文書化した情報をどこまで提示を求めるのか。品質マニュアル、手順書、記録など組織が必要と判断した情報だけでよいのか。文書化した情報が提示できない場合は不適合となるのか。
・移行期間内で審査を重ねていく中で、審査方法は徐々に厳しくなっていくのか。認証機関としてそれらの審査情報は定期的に情報公開するのか。

(1) 一般財団法人建材試験センター(JTCCM)
改訂版では組織の実態を重視 審査チーム内で組織の状況情報を共有した審査
取材先/一般財団法人建材試験センター(JTCCM) ISO審査本部 本部長 今川 久司 氏

(2) 一般財団法人ベターリビング(BL)
改訂版の審査では経営的な視点が必須 BL審査員の腕の見せ所
取材先/一般財団法人ベターリビング システム審査登録センター(BL-QE) 審査管理部 企画管理課 上席調査役 山岸 則夫 氏

(3) 株式会社マネジメントシステム評価センター(MSA) 
逐条から脱却し現状改善に役立つ審査を展開 改訂意図を先取りした審査を実践
取材先/株式会社マネジメントシステム評価センター(MSA) 取締役 審査統括部長 黒田 良弥 氏、審査統括部複合・環境・エネルギー審査部 長平手 顕 氏、品質審査部長 松本 肇 氏

(4) 一般財団法人日本建築センター(BCJ)
2015年版審査は今夏からスタート 「審査テーマ」に基づいた審査が好評
取材先/一般財団法人日本建築センター 参与 システム審査部長 平木 高之 氏、システム審査部 審査課 課長 梅澤 博司 氏

(5) コンサルタントからの解説
2015年版規格の意図とは何か? 成果につながる仕組みを目指す
執筆/アイエスオーミトベ事務所 三戸部 徹


News & Reports

■本来の事業活動と改訂版ISO
執筆/森田ISO事務所 森田 晃、酒井 一彦


連載

■リレー連載 第49回 Viewpoint this month
個々の企業が直接規格開発する新ルートの活用を支援 「標準化活用支援パートナーシップ制度」
取材先/一般財団法人日本規格協会(JSA) 総合標準化相談室長 若井 博雄 氏

■リレー連載 第4回 認証機関に聞く 改訂対応
移行期間中に少しずつ2015年版対応を進め 事業と一体となったマネジメントシステム運用を
取材先/一般財団法人日本ガス機器検査協会 JIA-QAセンター 理事 QA事業部長 青木 武行 氏

■ISO事務局向け お役立ち情報!
第13回 「組織の状況」と「リスク&機会」は事業計画書に書いてあります。
アイソス編集部

■改訂版対応のマニュアル
第1回 ISO 9001:2015対応マニュアルへの移行のポイント
執筆/有限会社アイムス 代表取締役 三村 聡

■ISO 9001:2015の有効性を高めよう―米国の動きを参考に―
第1回 米国におけるISO 9001改訂の位置づけ
執筆/有限会社KMI 代表取締役 上窪 均

■ISO 14001:2015と順守義務
第1回 2015年版における順守義務の扱いと“リスク及び機会”
執筆/株式会社パデセア 代表取締役 黒柳 要次

■中小企業向け ISO 9001:2015改訂版への移行をどのように進めていくか?
第5回 内部監査と、内部監査におけるリスクと機会を考えてみましょう。
執筆/株式会社エイチ・フォー 代表取締役 畑 寛和

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向
第12回 パーフォマンス向上のためのマネジメントシステム
執筆/米戸 靖彦

■ISO有効活用 ノウハウ&事例紹介
第13回 社会インフラ全般の「安全・安心」を後押しするアセットマネジメント・ISO 55001 今年JIS版発行へ
取材先/株式会社日本環境認証機構(JACO) 取締役 新規事業推進部長 青木 泉 氏

■ISO/TS 16949 に基づいた内部監査のあり方
第6回(最終回) TS内部監査のまとめ:これからの内部監査に求められるもの
執筆/ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部 リソースマネジメント部 ISO/TS 16949 審査員 日吉 信晴 ・ 奥村 朋子

■食品品質プロフェッショナルズが説く HACCP対応最前線
第1回 日本料理様式としての和食からHACCPへ
執筆/食品品質プロフェッショナルズ 和食HACCP担当 杉本 修一

■待ったなし! 日本の食品安全! 〜キーパーソンに聞く 第20回〜
トランス脂肪酸問題を直感的に理解する
執筆/西山 哲郎(食品品質プロフェッショナルズ)

■「社会起業家」を支援しよう! 〜企業価値を高めるCSRのために〜
第90回 ダイバーシティはCSRにおける企業生存戦略(前編)
執筆/フリーライター 今 一生


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■電子書籍案内
■JAB NEWS
■アイソスISOセミナー総覧
■アイソス新規年間購読申込書
■JAB DATA
■編集後記/次号予定 etc.