【PDF版】アイソス 特集 口語訳 ISO 9001:2015 [2016年05月号222号]

販売価格: 1,980円(税込)

Amazonの雑誌版は在庫切れです。Fujisanのデジタル版をご購入ください。
【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

【販売の終了した月刊アイソスのバックナンバーはPDFファイルを作成しCD-Rでの販売を行っております】

2016年05月号(222号 2016年04月10日発売)
変形A4サイズ/108ページ


特集 口語訳 ISO 9001:2015

執筆/マネジメントシステムコンサルタント
   品質マネジメントシステム審査員 宇野 通

 この口語訳は、ISO 9001を、普通に仕事をしている人が普通に読んで分かる日本語で表現したものです(ただし、「訳」と言うのはあくまで洒落で、実態は、解説であり、解釈の一例にすぎません。その点を理解した上で、利用して下さい)。
 ISO 9001は文章が難しいだけで、内容が難しいわけではありません(実施するのは難しいですが……)。もともと、ISO 9001が求める内容は極めてシンプルです。そう見えないのは、特有の単語と、特有の言い回しと、(JIS Q 9001の場合は)それを直訳しているためです。
 そこで、その易しい内容に合うように、易しい言葉で表現したのがこの口語訳です。用語の定義などを考えなくても読めるように、ISO用語は、限定したもの(品質方針、品質目標、マネジメントレビューなど)しか使用していません。
 なお、JIS Q 9001と比較して読む場合の便宜を考えて、文中に【  】でJIS版の用語を添えています。また、この口語訳では、具体的なイメージを持っていただくために、枠の中で実際の仕事での事例を紹介しています。この部分は、この口語訳の独自の解釈によるものです。


News & Reports

■第4回 JABマネジメントシステムシンポジウム開催  P34
日本適合性認定協会主催シンポジウム
テーマは「2015年改訂に対応するマネジメントシステム構築」
リスクへの取り組み/製造業のEMSへの対応/認証の価値向上を議論
編集部

■第8回 ISOマネジメントシステム活用事例大会開催  P38
日本能率協会主催・認証機関7機関協賛
ISO 9001/14001:2015年版対応などをテーマに各セッションで経営トップとMS担当者が講演
編集部


連載

■リレー連載 第50回 Viewpoint this month  P01
JSA主催「ISO/DIS 45001 開発動向説明会」向殿政男 国内審議委員会委員長 講演録 「ISO 45001開発とJIS化への期待」
取材先/ISO/PC 283 国内審議委員会 委員長/明治大学 名誉教授 向殿 政男 氏

■リレー連載 第5回 認証機関に聞く 改訂版対応  P08
2015年版へのスムーズな移行に向けて グローバルで「LEAD」プロジェクトを展開
取材先/ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部(BV) テクニカル部 プロダクトマネージャー 小西 直人 氏

■ISO事務局向け お役立ち情報!  P10
第14回 移行のためのユニークなサービス・ツール
アイソス編集部

■移行に必須 よくわかる 「プロセスアプローチ講座」  P42
第1回 プロセスについて
執筆/株式会社テクノファ 取締役会長 平林 良人

■認証機関による2015年版解説  P46
第1回 ヒューマンエラーを考慮したQMSの強化
執筆/一般財団法人日本規格協会 審査登録事業部 技術管理チームマネジャー 野口 三和人

■改訂版対応のマニュアル  P50
第2回 マニュアル作成のポイントー4・5章
執筆/有限会社アイムス 代表取締役 三村 聡

■ISO 9001:2015の有効性を高めよう―米国の動きを参考に―  P54
第2回 “Context”と「方針の展開」をデミング賞から理解する
執筆/有限会社KMI 代表取締役 上窪 均

■中小企業向け ISO 9001:2015改訂版への移行をどのように進めていくか?  P60
第6回(最終回) 「2015年改訂なんか怖くない」 経営(事業継続)との融合を目指して
執筆/株式会社エイチ・フォー 代表取締役 畑 寛和

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向  P66
第13回 文書化
執筆/米戸 靖彦

■ISO 14001:2015と順守義務  P70
第2回 順守義務の適用範囲 その1
執筆/株式会社パデセア 代表取締役 黒柳 要次

■ISO有効活用 ノウハウ&事例紹介  P72
第14回 2015年改訂を機に品質マネジメントシステムを見直す
執筆/株式会社小林経営研究所 代表取締役、一般社団法人品質マネジメント研修センター 代表理事 小林 久貴

■ISO 9001:2015はISO/TS 16949に近づいた  P80
第1回 組織の事業プロセスと品質マネジメントシステム要求事項との統合
執筆/岩波マネジメントシステム 代表 岩波 好夫

■食品品質プロフェッショナルズが説く HACCP対応最前線  P83
第2回 飲食業向けHACCPを取り巻く問題点
執筆/関西大学 化学生命工学部 特任教授 広田 鉄磨

■待ったなし! 日本の食品安全! 〜キーパーソンに聞く 第21回〜  P86
HACCP義務化を見据え食品事業者は早急な対応が必要
執筆/LRQA ジャパン事業開発部門 食品事業開発担当部長 今城 敏

■「社会起業家」を支援しよう! 〜企業価値を高めるCSRのために〜  P96
第91回 ダイバーシティはCSRにおける企業の生存戦略(後編)
執筆/フリーライター 今 一生


WOW!

■日本能率協会主催「第12回食品安全シンポジウム」開催
 FSSC 22000の今後のソフト対応など4つのテーマで議論  P95


And more

■目次  P04
■ISO leading-edge trend  P06
■電子書籍「アイソス ムック(Kindle版)」  P79
■アイソスISOセミナー総覧  P100
■JAB NEWS  P102
■書評  P104
■アイソス新規年間購読申込書  P105
■JAB DATA  P106
■編集後記/次号予定 etc.  P108