アイソス 特集1 第2回 JABアワード表彰事例/特集2 日本品質管理学会シンポジウム [2016年07月号224号]

販売価格: 1,980円(税込)

Amazonの雑誌版は在庫切れです。Fujisanのデジタル版をご購入ください。

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。


アイソスの購読は下記のボタンから

特集1 認証制度のさらなる発展を目指した表彰制度「JABアワード」

第2回を迎えた「JABアワード」では、マネジメントシステム認証を有効に活用し、成果を上げた取組みとして、渋谷工業、日立製作所、大阪いずみ市民生活協同組合の3組織の事例が表彰されました。本特集では、その取組み内容と全体講評を紹介します。

特集2 日本品質管理学会シンポジウム

今回はもう1本特集を組みました。日本品質管理学会が2016年4月に開催した「ISO 9001:2015改正に伴う第三者審査の質向上 —2015年版に対応する審査技術−」と題するシンポジウムの講演内容の詳細を紹介しています。

Viewpoint this month

日本品質管理学会は、日本科学技術連盟及び日本規格協会と協力して「JAQ(Japan Association for Quality)」を立ち上げる準備をしています。これは品質を重視する産学官のあらゆる組織が集結する横断組織です。日本品質管理学会会長の椿広計氏からJAQの設立趣旨や準備状況などについて話を聞きました。

目次(本文118ページ)


特集1 第2回 JABアワード表彰事例

認定・認証制度のさらなる発展を目指した表彰制度「JABアワード」は2015年度で2回目となる。今回は、ISO 9001、ISO 14001、ISO 22000をはじめとするマネジメントシステム認証を有効に活用し、成果を上げた以下の実績事例を3件、表彰することになった。その取り組み内容を紹介する。

■主催者挨拶
新しいマネジメント手法の開発・普及をJABアワードに期待する
講演者/公益財団法人 日本適合性認定協会 理事長 久米 均 氏

■事例1 澁谷工業株式会社メカトロ事業部
トップダウンとボトムアップが融合したISO活動
年間7ステップの教育プログラムで内部監査員の力量確保
講演者/澁谷工業株式会社 メカトロ事業部 管理部 中村 由香里 氏

■事例2 株式会社日立製作所インフラシステム社
900ヵ所の電力センサーを設置し用途別電力量の「見える化」を図り
綿密な「環境・エネルギー管理計画書」を作成し充実した活動へ
講演者/株式会社日立製作所インフラシステム社 環境・安全・品質保証部 環境管理第一部 部長 真柄 雅利 氏

■事例3 大阪いずみ市民生活協同組合
事業・経営のツールとし「総合マネジメントシステム」を活用
「見える化・共有・参画」で現場が主役の仕組みを実現
講演者/大阪いずみ市民生活協同組合 CSR推進室 室長 竹村 久 氏

■全体講評
「経営と現場とシステムの統合」「リスク・機会の見える化」など
表彰組織のマネジメントシステムの共通的特徴を紹介
講演者/JABアワード選考委員会委員長(中央大学理工学部教授) 中條 武志 氏


特集2 日本品質管理学会シンポジウム

ISO 9001:2015改正に伴う第三者審査の質向上


今回のISO 9001の改訂において、組織の目的及び戦略的方向、並びにQMSの意図した結果を達成する組織の能力に影響を与える外部及び内部の課題、QMSに密接に関連する利害関係者の要求事項の明確化、トップマネジメントのリーダーシップ、リスク及び機会への取り組み、事業プロセスとQMSの統合などQMSに関する要求事項が拡大された。これに伴い、事業プロセスを考慮した審査を行うための審査員の力量が重要になった。
こうした改訂の影響を受けて、日本品質管理学会では、4月23日に「ISO 9001:2015改正に伴う第三者審査の質向上-2015年版に対応する審査技術-」と題するシンポジウムを開催した。本特集では当日の各講演を紹介する。

■ (1) 開催概要と特別講演「ISO 9001:2015の特徴」
講演者: 中條 武志 氏(ISO/TC176国内委員会委員長、中央大学教授)
2015年版における「規格構造」「基本的性格」 「MSモデル」「要求事項」の特徴を解説

■ (2) 認証機関の対応「ISO 9001:2015年版への考え 〜組織の本来の目的に応えるために〜」
講演者: 小野寺 将人 氏(日本科学技術連盟 ISO審査登録センター 担当理事)
QMS/EMSを本来の目的達成に運用すれば 改正規格の差分に自ずと対応できる

■ (3) 認証組織の対応
講演者: 清川 卓二 氏(清川メッキ工業株式会社 専務取締役)
日本初の2015年版の取得を目指して 〜進化した清川マネジメントシステムについて〜

■ (4) QMS部会の研究成果報告 「ISO 9001(2015年版)対応 中小企業向けQMSモデルの研究」
講演者: 及川 忠雄 氏(QMS部会 WG6リーダー)
2015年版への組織ニーズに対応して 規模・業種別に6つのモデル案を提示

■ (5) QMS部会の研究成果報告「審査員の力量」
講演者: 福丸 典芳 氏(QMS部会 WG2リーダー)
さまざまな管理技術や関連規格の知識が 改訂版の審査では欠かせない

■ (6) QMS部会の研究成果報告
「ISO 9001:2015における審査技法」
講演者: 田附 喜幸 氏(QMS部会 WG7リーダー)
「申し送り」活用等、入念な審査準備で 組織の求めるレベルに応じた審査を実現

■ (7) パネル討論開催
JIS Q 17021「適合への証拠」 審査現場で必要な審査技術を考える


連載

■リレー連載 第52回 Viewpoint this month
Qualityを重視する産官学が集結 JAQ(Japan Association for Quality)創設へ 品質活動を隆盛させ日本の国際競争力の再興へつなげる
取材先/一般社団法人日本品質管理学会 会長(独立行政法人統計センター 理事長) 椿 広計 氏

■リレー連載 第7回 認証機関に聞く 改訂版対応
審査では適合を見極める能力が一段と問われる 「大人の規格」になって組織の裁量が増す
取材先/株式会社日本環境認証機構(JACO)  取締役審査部長 水上 浩 氏

■ISO事務局向け お役立ち情報!
第16回 2015年版解説書の使い方(QMS編)
アイソス編集部

■移行に必須 よくわかる 「プロセスアプローチ講座」
第3回 箇条4.4 a)〜h)の要求事項
執筆/株式会社テクノファ 取締役会長 平林 良人

■認証機関による2015年版解説
第3回(最終回) ISO 9001の価値と文書化について
執筆/一般財団法人日本規格協会 審査登録事業部 技術管理チーム 兼務 審査お客様相談室 マネジャー 野口 三和人

■改訂版対応のマニュアル
第4回 マニュアル作成のポイント - 8章
執筆/有限会社アイムス 代表取締役 三村 聡

■ISO 9001:2015の有効性を高めよう―米国の動きを参考に―
第4回 リーダーシップは未来思考の経営に重要
執筆/有限会社KMI 代表取締役 上窪 均

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向
第15回 「戦略的方向性」
執筆/米戸 靖彦

■ISO 14001:2015と順守義務
第4回 強化された順守義務の力量
執筆/株式会社パデセア 代表取締役 黒柳 要次

■変化の時代 経営(リーダー)の視点で2015年版 ISO 14001を読む
第2回 EMSを成功させる
執筆/日本ビジブルハンド株式会社 代表取締役 藤原 靖也

■ISO有効活用 ノウハウ&事例紹介
第16回 ISO 14001:2015認証取得による環境経営への取り組み
執筆/株式会社日立製作所 鉄道ビジネスユニット 経営企画本部 環境工事管理部 高橋 俊幸

■ISO 9001:2015はISO/TS 16949に近づいた
第3回 プロセスアプローチ
執筆/岩波マネジメントシステム 代表 岩波 好夫

■食品品質プロフェッショナルズが説く HACCP対応最前線
第4回 飲食業向けHACCPについての対策 その2
執筆/関西大学 化学生命工学部 特任教授 広田 鉄磨

■待ったなし! 日本の食品安全! 〜キーパーソンに聞く 第23回〜
JRCA食品安全講演会開催
食品安全マネジメント協会が食品安全新スキーム立ち上げへ 3段階レベルを設け最高レベルは国際的な活用をねらう
講演者/一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM) 事務局長・亀山 嘉和 氏 技術顧問・内藤 光弘 氏

■「社会起業家」を支援しよう! 〜企業価値を高めるCSRのために〜
第93回 映像を活用したCSR
執筆/フリーライター 今 一生


WOW!

■食品関係のセミナー開催情報 6/25「食品衛生システム基礎講座」(松本) 7/23「食品表示セミナー」(東京海洋大学) 


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■電子書籍「アイソス ムック(Kindle版)」
■アイソス ISOセミナー総覧
■アイソス 新規年間購読申込書
■JAB DATA
■編集後記/次号予定 etc.