アイソス 特集 公開 ! ISO 14001:2015 環境マニュアル [2017年03月号232号]

販売価格: 1,980円(税込)

Amazonの雑誌版は在庫切れです。Fujisanのデジタル版をご購入ください。

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

アイソスの購読は下記のボタンから

使いこなしてなんぼの環境マニュアル

ISO 14001:2015では環境マニュアルは要求されていないが、平松徹氏(株式会社ソフィア代表取締役)は「良い環境マニュアルはぜひ必要」と説いています。本特集では、2015年版改訂の要点と良い環境マニュアルを作成するためのポイントを解説してもらったうえで、良い環境マニュアルのモデルを提示いただきました。

Viewpoint this month

住友化学では監査専任スタッフによるレスポンシブルケア監査組織が、社内及び国内外グループ会社の工場を監査し、改善支援を行っています。その模様を、同社の監査改革のリーダーを務める相原正和氏に語っていただきました。

NEWS & REPORTS(1)

ISO研修機関・テクノファ主催による第23回年次フォーラムが2016年12月に開催され、東京・大阪両会場で1,000人を超える来場者を迎え、盛況を博しました。スピーカーにJAB理事長や企業経営者を迎え、内容も充実していることから、質・量ともに国内最大のISOイベントと言えるでしょう。

NEWS & REPORTS(2)

2015年版への移行で、認証機関やコンサルタントがまず組織に依頼するのが、組織の現状と規格の要求事項とを比較したギャップ分析です。このギャップ分析をウェブ上で簡単に行えるツールを「9001 Academy」というサイトが無償で提供しているので、ご紹介します。

目次(本文96ページ)


特集 公開 ! ISO 14001:2015 環境マニュアル

使いこなしてなんぼの環境マニュアル
執筆/株式会社ソフィア 代表取締役 平松 徹

ISO 14001:2015では、環境マニュアルの作成は要求されていない。しかし、平松徹氏は「環境マニュアルは必要である。EMSを文書化したものが、環境マニュアルだが、事業運営のコアな部分を確実に文書化すれば皆で事業運営のポイントを共有できる。それで一定レベルでの事業運営、業務運営が可能になる。内部監査や認証機関の審査でも環境マニュアルがあるとスムーズに監査、審査が進む。良い環境マニュアルはぜひ必要である」と説く。本稿では、今回の規格改正の要点と良い環境マニュアルを作成するためのポイントを解説し、ISO 14001:2015に対応した環境マニュアルモデルを紹介する。(編集部)


NEWS & REPORTS

■第23回テクノファ年次フォーラム
JAB理事長講演・経営者による事例発表など
充実した内容で国内最大のイベントに
編集部

■9001 Academy 提供
あなたの組織のISO 9001:2015対応度が分かる
超簡単! ギャップ分析ツール
編集部


連載

■リレー連載 第60回 Viewpoint this month
指摘だけでなく、改善支援も現場と一緒に行えば
監査員はもっと会社に貢献できる
取材先/住友化学株式会社 レスポンシブルケア部 技術信頼性監査統括 担当部長 相原 正和 氏

■リレー連載 第5回 セクター規格の上位機関に聞く
IATF 16949への移行期限は2018年9月14日
移行審査は1チャンス すぐに移行準備を
取材先/一般財団法人日本品質保証機構 マネジメントシステム部門 審査事業センター 品質審査部 次長 佐々木 等 氏/技術副参事 菱沼 雅博 氏

■成果を出す仕組みの作り方 ワンポイントアドバイス
第6回(最終回) マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす
執筆/ISOマネジメント研究所 所長 人見 隆之

■環境法令が基礎からわかる 環境法令検定に挑戦!
第3回 省エネ法:選任すべき者と選任要件をセットで把握
執筆/洛思社 代表取締役 安達 宏之

■会社を強くする「効果的なQMS診断アプローチ」─形骸化ISOから 儲けるISOへの革新─
第5回(最終回) JOICによる自己適合宣言検証審査
執筆/内閣府認証NPO法人日本ISOコンセンサス機構(JOIC)理事長
一般社団法人日本品質管理学会(JSQC)QMS部会WG4主査 池田 輝雄

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向
第23回 変更の計画
執筆/米戸 靖彦

■認証機関が明かす 品質・環境 改訂規格への移行の5つのコツ
第6回(最終回) コツ5:品質と環境の統合の考え方
執筆/株式会社日本環境認証機構 審査本部 取締役 審査本部長 水上 浩

■改訂版対応実践記 組織が明かす2015年版有効活用方法
第6回(最終回) 「統合マネジメントシステムの奨め」
執筆/メルクパフォーマンスマテリアルズ株式会社
静岡事業所 事務グループ マネージャー 若松 裕己

■食品品質プロフェッショナルズが説く HACCP対応最前線
第12回 日本の伝統食品 ─ 鰹節HACCP
執筆/一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ 古川 哲也

■「社会起業家」を支援しよう! ~企業価値を高めるCSRのために~
第101回 財政破綻の地方自治体とCSR
執筆/フリーライター 今 一生


WOW!

■イオンの食品製造・加工センターがJFS-E-Cの認証取得 認証機関は日本検査キューエイ(JICQA)

■ISMSクラウドセキュリティ認証をL is Bが取得 認証機関は日本品質保証機構(JQA)

■日本能率協会(JMA)主催「食品安全シンポジウム」は3月7・8日開催

■テュフ ラインランド ジャパンが52のBMWグループ認定鈑金塗装工場を認証 認証レベルは高水準カテゴリーの「ゴールド」相当


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■電子書籍「アイソス ムック(Kindle版)」
■書評
■JAB NEWS
■JAB DATA
■編集後記/次号予定 etc.