アイソス 特集 航空宇宙マネジメントシステム 2016年版対応 [2017年09月号238号]

販売価格: 1,980円(税込)

Amazonの雑誌版は在庫切れです。Fujisanのデジタル版をご購入ください。

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。


アイソスの購読は下記のボタンから

実質移行期間は1年半 JIS Q 9100:2016への早期対応は喫緊の課題

航空、宇宙及び防衛分野の品質マネジメントシステム規格であるJIS Q 9100:2016の審査が実際に始まったのは2017年4月からですが、前版のJIS Q 9100:2009は2018年9月15日で無効となるので、残された期間内で移行審査を受けるチャンスは実質的に1回しかありません。そこで本誌では、移行審査の準備と、移行後の有効なQMS展開のために必要な取組みについて、航空宇宙品質センター(JAQG)、認証機関、認証組織から寄稿・取材にご協力いただき、特集としてまとめてみました。

Viewpoint this month

2017年5月に改正個人情報保護法が全面施行され、個人情報保護委員会が監督体制を一元化することになりました。個人情報保護委員会事務局参事官の小川久仁子氏に、同法の改正経緯と今後の課題などについて話を聞きました。

目次(本文116ページ)


特集 航空宇宙マネジメントシステム 2016年版対応のすべて

航空、宇宙及び防衛分野の品質マネジメントシステム規格であるJIS Q 9100:2016が2016年9月20日に発行された。発行後、同分野審査員の資格試験、日本適合性認定協会による認証機関の認定審査等があり、日本で実際にJIS Q 9100:2016による審査が始まったのは今年の4月からである。認証審査はスタートしたばかりだが、JIS Q 9100:2009は来年9月15日で無効となるので、残された期間内で移行審査を受けるチャンスは実質的に1回しかなく、移行対応は認証組織にとって喫緊の課題となっている。そこで本誌では、移行審査の準備と、移行後の有効なQMS展開のために必要な取り組みについて、航空宇宙セクター規格を専門とするコンサルタント・青木比良夫氏、航空宇宙品質センター(JAQG)、認証機関(BSK、JQA)、認証組織(毛戸製作所、ヤマダ精機)から寄稿・取材にご協力いただき、特集としてまとめた。(編集部)

Part 1 JIS Q 9100:2016の解説
規格変更のポイントと対応事例 -見落としがちな不適合想定事例も掲載-
執筆/ISOマネジメントシステムコンサルタント 青野 比良夫

Part 2 制度解説
2016年版への認証移行と審査報告書改正及び新OASISの内容
執筆/一般社団法人日本航空宇宙工業会 航空宇宙品質センター事務局(JAQG) 部長 前畑 貴芳

Part 3 認証機関からみた移行対応
■審査時の留意事項を含めた新規格に対する主要ポイント
執筆/公益財団法人防衛基盤整備協会(BSK) システム審査センター 審査員 板垣 道久
■新規格を組織の成長戦略と一体化させ移行をシステム改善のチャンスに
執筆/一般財団法人日本品質保証機構(JQA) マネジメントシステム部門 審査事業センター 品質審査部 航空宇宙審査グループ グループリーダー 立野 信之

Part 4 認証事例
■精密板金加工メーカー
プロセス重視で品質を作り込み最終検査なしで出荷
取材先/株式会社毛戸製作所 取締役 統括部長 毛戸 健嗣 氏
■試作・開発部品/航空機部品メーカー
顧客要求の頻繁な変更に工夫凝らす 改訂対応では「認識教育」を最優先
取材先/株式会社ヤマダ精機 取締役 管理部長 山田 恭弘 氏


連載

■リレー連載 第66回 Viewpoint this month
改正個人情報保護法 全面施行
個人情報保護委員会が監督体制を一元化
取材先/個人情報保護委員会事務局 参事官 小川 久仁子 氏

■ISO 9001: 2015年版 内部監査の基礎から応用まで
第6回 是正処置評価技術
執筆/有限会社福丸マネジメントテクノ 代表取締役 福丸 典芳

■環境も品質も……本当に役に立つものならば、取り組みたい
第6回(最終回) 経営者のツールとしてのISO 9001: 2015
執筆/活き活き経営システムズ 代表 国府 保周

■環境法令が基礎からわかる 環境法令検定に挑戦!
第9回 騒音規制法:規制対象の絞り込みと基準順守の仕組みに注意
執筆/洛思社 代表取締役 安達 宏之

■ISO 9001: 2015をどう活用するか? ~より良い仕組みで組織を強く! ~
第6回(最終回) システム思考のマネジメント ・・・ 強い組織へ
執筆/株式会社小林経営研究所 代表取締役 小林 久貴

■IATF 16949:2016 移行対応と規格解説
第6回(最終回) IATF 16949で『改訂』された要求事項 -
執筆/ビューローベリタスジャパン株式会社 審査員 奥村 朋子 & 審査員 日吉 信晴

■名物講師の 「肝心要はここでしょ! 」 シリーズ
第6回 ISMSの肝心要はここでしょ! ISMSに取り組むにあたって懸案となる各種法規制情報とその対応
執筆/一般社団法人日本能率協会 ISMS主任講師 (アプリス・マネージメント〈APRIS management〉代表) 荒木 吉雄

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向
第29回 統合マネジメントシステム
執筆/米戸 靖彦

■ISOに振り回されるな ~2015年版移行で組織用語を活かそう~
第6回(最終回) 組織の維持発展は永遠の課題;MSは生きています!
執筆/一般社団法人日本品質管理学会(JSQC) QMS部会 WG3
株式会社アイキューエム 代表取締役 島田 和信 川崎商工会議所 テクノアドバイザ 柴田 和治

■期待されるISMSクラウドセキュティ認証の活用 ~規格と制度の詳細解説~
第6回(最終回) ISMSクラウドセキュリティにおける現状の課題と期待
執筆/情報マネジメントシステム認定センター 客員研究員 高取 敏夫

■LCA 潜在原因分析アプローチ ~人と組織が変わる原因分析~
第6回(最終回) これまでの連載のレビューと原因分析後の取り組み
執筆/株式会社イノベイション 代表取締役 山上 裕司

■日本発の食品安全マネジメントシステム認証 ~基準と認証制度のポイント~
第6回(最終回) JFS-C規格 Ver.2.1改定の経緯と解説
執筆/一般財団法人食品安全マネジメント協会 理事・技術本部長 窪田 英俊

■HACCP展開における諸問題とその解決
第5回 製造委託先のHACCP
執筆/関西大学 化学生命工学部 特任教授 広田 鉄磨

■「社会起業家」を支援しよう! ~企業価値を高めるCSRのために~
第107回 クラウドファンディングは本当に社会貢献に有効か?
執筆/フリーライター 今 一生


"WOW!

■JAB発表による2017年6月末時点のマネジメントシステム認証組織件数


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■書評
■JAB DATA
■編集後記/次号予定 etc.