アイソス 特集 新・労働安全衛生マネジメントシステムの胎動 [2018年01月号242号]

販売価格: 1,980円(税込)

在庫わずか

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

アイソスの購読は下記のボタンから

ISO 45001発行で日本の基準と認証が全面リニューアル

2018年3月にISO 45001が発行されることによって、日本の労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の基準と認証がリニューアルされます。では、どのように変わるのか。日本のOHSMS活動の関係者(ISO/PC283日本代表エキスパート、厚労省、経産省、災害防止団体、ISO認証機関、要員認証機関)から話を聞きました。

Viewpoint this month

2017年11月に日本品質管理学会(JSQC)会長に就任した小原好一氏(前田建設工業代表取締役会長)に、日本の品質の進むべき方向性とJSQCの最重点活動について語っていただきました。

NEWS & REPORTS(1)

2017年11月に第2回サービス標準化フォーラムが開催され、サービスエクセレンスの実現に向けたISO動向やサービス標準化委員会の活動が報告されましたので、その詳細を掲載します。

NEWS & REPORTS(2)

2015年版発行を機にISO 9001とISO 14001とISO 39001(道路交通安全)を統合し、内部/外部コストの削減を実現した日立自動車交通株式会社の取組み事例を紹介しています。

目次(本文100ページ)


特集 新・労働安全衛生マネジメントシステムの胎動

2018年3月頃にISO 45001が発行されることによって、日本の労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の基準と認証がリニューアルされる。厚労省は「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」(MS指針)の見直しを行い、同MS指針に則った中災防のJISHA方式基準や建災防のCOHSMS認定基準も改訂される。中災防はJISHA方式とは別に、ISO 45001+JIS α認証をスタートさせ、建災防は既存のCOHSMSにISO 45001の要求事項と環境変化に対応した新項目を取り入れたNEW COHSMSによる認定を開始する。認証機関は、OHSAS 18001からISO 45001への移行審査をスタートさせる。OHSMS審査の力量要求事項であるISO/IEC TS 17021-10もISO 45001と同時期に発行される予定で、同基準に基づいて日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)はOHSMS審査員資格基準を作成し、OHSMS審査員評価登録及び審査員研修コース承認の事業を開始する。2018年夏頃にはJIS Q 45001が発行され、日本独自の安全衛生活動を主に評価する「JIS α」も同時期に発行される予定である。日本のOHSMS活動の関係者(ISO/PC283日本代表エキスパート、厚労省、経産省、災害防止団体、ISO認証機関、要員認証機関)から話を聞いた。(編集部)

Part 1

規格動向(1) ISO/PC283日本代表エキスパート
「安全」は「品質」「環境」よりも優先的にシステム化に取り組むべき
取材先/ISO/PC283 日本代表エキスパート(株式会社テクノファ 取締役会長) 平林 良人 氏

規格動向(2) ISO/PC283日本代表エキスパート
ISO 45001で安全衛生水準のさらなる向上を 〜適切に運用し労働災害を減らそう〜
執筆/ISO/PC283 日本代表エキスパート(中央労働災害防止協会 技術支援部次長 兼 ISO規格推進室長) 斉藤 信吾

Part 2

政策(1) 厚生労働省
JIS Q 45001及びJIS α 制定を踏まえ厚労省MS指針の見直しを検討
取材先/厚生労働省 労働基準局 安全衛生部安全課 主任中央産業安全専門官 高橋 洋 氏

政策(2) 経済産業省
日本の労働安全衛生マネジメントシステムはISO 45001発行によって最新の状態になる
取材先/経済産業省 産業技術環境局 国際標準課長 藤代 尚武 氏

Part 3

認証・認定動向(1) 中央労働災害防止協会(中災防)
現行のJISHA方式と並行してISO(JIS Q) 45001+JIS α 認証を展開
取材先/中央労働災害防止協会 上級執行責任者 JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター 所長 白崎 彰久 氏

認証・認定動向(2) 建設業労働災害防止協会(建災防)
国際標準への整合化と環境変化に対応し新基準「NEW COHSMS」設定へ
取材先/建設業労働災害防止協会 技術管理部長 安全管理士・衛生管理士 本山 謙治 氏

認証・認定動向(3) 日本品質保証機構(JQA)
OHSAS 18001で180社の認証実績 ISO 45001審査は2018年4月スタート
取材先/一般財団法人日本品質保証機構(JQA) 審査事業センター 労働安全衛生審査リーダー 松倉 宏行 氏

認証・認定動向(4) 日本規格協会(JRCA)
ISO 45001発行に合わせ審査員評価登録と審査員研修コースの承認事業を開始
取材先/一般財団法人日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA) 所長 加藤 真一 氏


NEWS & REPORTS

第2回 サービス標準化フォーラム
サービスエクセレンスの実現に向けたISO動向やサービス標準化委員会の活動を報告 本誌編集部

統合MS事例:日立自動車交通
2015年版を機にISO 9001/14001/39001を統合
内部・外部コストを削減
執筆/日立自動車交通株式会社 バス事業部 副部長 西窪 裕光


連載

■リレー連載 第70回 Viewpoint this month
中長期計画「QSHIN2020」の実行期へ
オープンイノベーションによる価値共創推進
取材先/一般社団法人日本品質管理学会(JSQC)会長 (前田建設工業株式会社 代表取締役会長)小原 好一 氏

■ISO 9001: 2015年版 内部監査の基礎から応用まで
第10回 機能に着目した内部監査(その1)
執筆/有限会社福丸マネジメントテクノ 代表取締役 福丸 典芳

■2015年版を積極的に活用するためのQMS再構築のヒント
第4回 事業環境の変化についていけるか?
執筆/超ISO企業研究会 委員(アイソマネジメント研究所 代表) 丸山 昇

■内部監査の緊急課題
第4回 The Imperative of Improvement
監査員は、組織改善を推進する機会を積極的に探求しているか?
執筆/IRCAジャパン テクニカルエグゼクティブ Richard Green(リチャード・グリーン)

■2015年版が組織にもたらす成果 〜各社の事例から〜
第4回 ISO 14001:2015への取り組みの成果
執筆/有限会社アイムス 代表取締役 三村 聡

■新ISMS規格を有効に活用するために 〜リスク対応の基礎からクラウド・個人情報保護マネジメントまで〜
第4回 ISMSクラウドセキュリティ認証 その2 情報セキュリティリスクの管理とパフォーマンス評価
執筆/株式会社アズジェント セキュリティ・プラス ラボ シニアフェロー 駒瀬 彰彦

■名物講師の 「肝心要はここでしょ!」 シリーズ
第10回 環境パフォーマンス向上のヒントはISO 14001:2015の中にある
取材先/株式会社グローバルテクノ EMS主任講師(AUDIX Registrars 株式会社 代表取締役社長)齋藤 喜孝 氏

■ネット情報を読み解く ISO 9001:2015の海外動向
第33回 コミュニケーション
執筆/米戸 靖彦

■問題解決する組織
第4回 問題/課題解決力を高める
執筆/株式会社知識経営研究所 改善ファシリテーターチーム

■FSSC 22000の導入と効果的な運用へのアプローチ
〜継続的成長のための組織マネジメント、経営のリスクを減らし、市場・顧客・消費者からの信頼を高める〜
第4回 FSSC 22000要求事項の解説
執筆/TBCソリューションズ 主任コンサルタント 柏原 吉晴

■「社会起業家」を支援しよう! 〜企業価値を高めるCSRのために〜
第111回 CSRをソーシャルにするためのイベント
執筆/フリーライター 今 一生


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■JAB NEWS
■書評
■JAB DATA
■編集後記/次号予定 etc.