アイソス 特集 日本品質管理学会主催「新製品・新サービス開発管理の指針」講習会 [2020年1月号266号【デジタル版】]

販売価格: 1,980円(税込)

在庫あり

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

■アイソスの購読は下記のボタンから

「新製品・新サービス開発管理の指針」講習会報告集

本特集では、2019年5月20日に発行されたJSQC規格(日本品質管理学会規格)「新製品・新サービス開発管理の指針」についての日本品質管理学会主催講習会の骨子を報告しています。新製品・新サービス開発管理は、品質保証活動の中核をなすだけに、同指針の発行は注目されています。

Viewpoint this month

日本人女性初のISO理事に就任した中川梓氏から、ISO総会・ISO理事会の報告とともに、就任の抱負について語っていただきました。

NEWS & REPORTS

日本規格協会主催「標準化と品質管理全国大会2019」での福丸典芳氏の講演「リスクに着目したISO内部監査への転換による業務革新」の詳細を報告するとともに、NITEによる製品安全の基本体系 「HITO PR」について、製品評価技術基盤機構(NITE)製品安全センター製品安全技術課専門官の片岡孝浩氏に執筆いただきました。 「HITO PR」は、特にサイレントチェンジ対応が必要な組織には必読と言えるでしょう。

目次(本文96ページ)


特集 日本品質管理学会主催「新製品・新サービス開発管理の指針」講習会

JSQC規格(日本品質管理学会規格)として「新製品・新サービス開発管理の指針」が2019年5月20日に発行された。新製品・新サービス開発管理は、品質保証活動の中核をなすだけに、このような指針が発行されることの意義は大きい。日本品質管理学会は10月28日、東京都杉並区の日科技連・東高円寺ビルにて同指針の講習会を、「顧客・社会のニーズをもとに新たな価値を創造する」をテーマに、同指針の原案作成委員会委員による講演と全体討論を開催した。本特集では、講演内容の骨子と全体討論の一部を紹介する。(本誌編集部)

Part 1 JSQC規格「新製品・新サービス開発管理の指針」制定のねらい
講師: 平林 良人 氏(標準委員会委員長)

Part 2 新製品・新サービス開発管理の基本
講師: 永原 賢造 氏(プロセスマネジメントテクノ)

Part 3 開発プロセスの見える化, プロジェクトマネジメント
講師: 香村 求 氏(システムSWAT)

Part 4 新製品・新サービスの企画と潜在ニーズの把握, ボトルネック技術とブレークスルーの実現
講師: 中條 武志 氏(中央大学)

Part 5 設計における標準化, デザインレビュー, ばらつきに対して頑健な設計
講師: 山本 和芳 氏(積水化学工業)

Part 6 部門間連携と情報・知識の共有, 初期流動管理, 市場・客先における品質情報の収集・活用,
新製品・新サービス開発プロセスの見直し・改善と顧客満足度調査
講師: 秋田 正弘 氏(中部課題達成研究所)

Part 7 品質機能展開, 商品企画七つ道具
講師: 丸山 一彦 氏(和光大学)

Part 8 実験計画法, パラメータ設計, FMEA, FTA, ワイブル分析, CSポートフォリオ, T型マトリックス
講師: 渡辺 喜道 氏(山梨大学)

Part 9 全体討論(質疑応答)
出席者: 講演者全員, 斉藤 忠 氏(岡谷電機産業), 古谷 健夫 氏(クオリティ・クリエイション)
進行役: 中條 武志 氏(中央大学)


NEWS & REPORTS

日本規格協会主催「標準化と品質管理全国大会2019」での福丸典芳氏の講演録
リスクに着目したISO内部監査への転換による業務革新
講演者/有限会社福丸マネジメントテクノ 代表取締役 福丸 典芳

NITEによる製品安全の基本体系 「HITO PR」
〜リスクアセスメントの基本的な考え方〜
執筆/独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE) 製品安全センター
製品安全技術課 専門官 片岡 孝浩


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第94回
日本人女性初のISO理事に就任した中川梓氏
日本の一層のプレゼンス向上をはかりたい
取材先/ISO 理事 & 一般財団法人日本規格協会 理事 システム系規格開発ユニット長 中川 梓 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第4回 サービスエクセレンスの国際標準規格構成と、日本が主査を務めるWG2による
「卓越した顧客経験を実現するためのエクセレントサービスの設計 :
ISO/TS 24082 Designing excellent service achieving outstanding customer experience」
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座 特任教授 水流 聡子

環境ファイナンス分野における国際規格動向
連載 第4回 ESG融資〜企業の信用力とインパクト創出
執筆/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 主任研究員
サステナブルビジネス戦略センター長 奥野 麻衣子

PAS(公開仕様書)策定の可能性 〜規格作りを通じた共創によるビジネスの進化〜
連載 第4回 日本におけるPAS規格開発動向
執筆/BSIグループジャパン株式会社 営業本部 スタンダードセールス担当 田邊 美里

■品質

持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ〜
連載 第22回 問題解決(3)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■セクター

IATF 16949 ワンポイントレッスン
連載 第10回 内部監査
執筆/一般財団法人日本品質保証機構 審査事業センター
品質審査部 参与 菱沼 雅博

■クリーンランゲージ

事業を「知る、動かす、再生する」ためのクリーンランゲージアプローチ
なぜ、わが社のシステムは機能しなかったのか
連載 第4回 組事業、是正処置 そして人(人と組織の行動に重視)
私たちは事業の観点からみて、どこから来て、どこに行こうとしているのでしょうか
執筆/株式会社イノベイション 代表取締役 山上 裕司

■食品安全

包材のポジティブリスト化 食品に関連する産業全体へのインパクト
連載 第4回 包材のポジティブリスト化に対し、特に小売業界での対応について
執筆/一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ 理事 新 武司

■MS改善

2015年版移行後における組織のMS有効性改善と再構築
連載 第4回 社のMSに対する有効性監査の方法
執筆/QMSエキスパート審査員 辻井 五郎

■MS人材育成

桜美林大学大学院のマネジメントシステム・コーディネーター養成プログラム
〜真のISO経営の実現を目指して〜
連載 第4回 マネジメントシステムをマーケティング戦略に結びつける
執筆/桜美林大学 ビジネスマネジメント学群 准教授 宮本 文幸

日本の要員認証の現状と課題
連載 第3回(最終回) 翻訳者 & 規格開発エキスパートの評価登録事業
執筆/一般財団法人日本要員認証協会
マネジメントシステム審査員評価登録センター 主席専門職 瀬戸 秀基

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第16回 2019年に向けて5つのレピュテーション・リスク予測
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■書評
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.