アイソス 特集 世界共通語「シックスシグマ」 規格動向と対応策 [2018年08月号249号【デジタル版】]

販売価格: 1,980円(税込)

在庫あり

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。

商品詳細

アイソスの購読は下記のボタンから

シックスシグマの国際規格動向と取組み事例紹介

シックスシグマは、欧米だけでなく、アジア諸国も加えた全世界的な活動となっており、海外企業との取引における世界共通語になっています。読者の会社も、海外と取引があるのなら、いつ取引先からISO 18404への準拠を求められても不思議ではありません。本特集は、シックスシグマについてほとんど知識がない方のための詳細解説と事例紹介です。石山一雄氏(ISO/TC69/SC7日本代表エキスパート)にはシックスシグマの国際規格動向について、眞木和俊氏(ジェネックスパートナーズ代表取締役会長)にはリーンシックスシグマ導入のポイントについて、さらに真田進也氏(LIXIL生産本部副本部長)にはLIXILにおけるシックスシグマ活動の取組みについて、それぞれ解説いただきました。

Viewpoint this month

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社執行役員の羽生田慶介氏に、日本のルール形成戦略に必要な対応について語っていただきました。

目次(本文112ページ)


特集 世界共通語「シックスシグマ」 規格動向と対応策

シックスシグマの歴史は30年以上ある。モトローラによるシックスシグマの時代、GEによるDMAIC手法のシックスシグマの時代を経て、現在はリーン改善手法を組み合わせたシックスシグマの時代に入っている。2011年にシックスシグマの国際規格が初めて発行され、2015年にはISO 18404という認証規格が登場。「シックスシグマ」は、欧米だけでなく、アジア諸国も加えた全世界的な活動となっており、海外企業との取引における世界共通語になっている。読者の会社も、海外と取引があるのなら、いつ取引先からISO 18404への準拠を求められても不思議ではない。本特集は、シックスシグマについてほとんど知識がない方のための詳細解説と事例紹介である。石山一雄氏(ISO/TC 69/SC 7日本代表エキスパート)にはシックスシグマの国際規格動向について、眞木和俊氏(ジェネックスパートナーズ代表取締役会長)にはリーンシックスシグマ導入のポイントについて、さらに真田進也氏(LIXIL生産本部副本部長)にはLIXILにおけるシックスシグマ活動の取組みについて、それぞれ解説いただいた。(本誌編集部)

【特集目次】

Part 1 シックスシグマの国際規格動向と世界の対応状況
執筆/ISO/TC 69/SC 7日本代表エキスパート ISO/TC 69/SC 8・SC 7国内委員会 副査 石山 一雄

Part 2 リーンシックスシグマ導入設計の手引き
執筆/株式会社ジェネックスパートナーズ 代表取締役会長 眞木 和俊

Part 3 LIXILにおけるシックスシグマ活動の取組みと成果
執筆/株式会社LIXIL  LIXIL Housing Technology Japan 生産本部 副本部長 真田 進也


連載

■Viewpoint

リレー連載 第77回 Viewpoint this month
日本のルール形成戦略に必要な
大型日系グローバル認証機関の実現
取材先/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員(多摩大学大学院 ルール形成戦略研究所 副所長/客員教授) 羽生田 慶介 氏

    ■品質(QMS)

持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ〜
第5回 クレーム処理
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

ISO 9001を活かしたサービス業のQMS -動向および業種別の適用例-
第5回 サービス部門におけるQMSの意味と全社との統合
執筆/Y&I ジャパン 代表 伊藤 由紀美

■環境(EMS)

環境ISOのヤバい話 環境側面=ヤバいこと
執筆/エヌ・ケー・システム 代表 浦 勝彦

■安全(OHSMS)

ISO 45001規格の内容と運用のポイント
第4回 箇条9と箇条10のポイント
執筆/ISO/PC283日本代表エキスパート 中央労働災害防止協会 技術支援部次長 兼 規格普及推進室長 斉藤 信吾

■名物講師

名物講師の 「肝心要はここでしょ!」 シリーズ
リレー連載 第17回 プロセスを見直し、OHS活動を活性化する
〜PDCAの“C”が大切〜
執筆/株式会社テクノファ OHSMS/EMS/QMS研修主任講師 有賀 源司

■内部監査

ISO 9001:2015対応 『差分』監査のポイント
第5回 オペレーションとそれを支える活動
執筆/沖電気工業株式会社 情報通信事業本部 システムセンター QMS統括チーム (一般財団法人日本規格協会 QMS講師) 青柳 礼子

ISO 14001:2015対応 『差分』監査のポイント
第5回 「変更のマネジメント」を意識する
執筆/有限会社 洛思社 代表取締役(一般財団法人日本規格協会 EMS講師) 安達 宏之

■海外動向

ネット情報を読み解く ISO 9001: 2015の海外動向
第39回 2018年は品質マネジメントにとってどのような年になるのだろうか?
執筆/米戸 靖彦

■情報(ISMS)

認証機関が明かすシンプルで柔軟なISMS(ISO/IEC 27001)実施のポイント
第5回 情報セキュリティ目的達成計画の策定とパフォーマンス評価
執筆/株式会社日本環境認証機構 審査部 参事 山口 元之

■セクター(自動車&食品安全)

IATF 16949要求事項の詳細解説
第5回 製造およびサービス提供(箇条8.5)
執筆/岩波マネジメントシステム 代表 岩波 好夫

日本のHACCPロードマップ 各界の専門家による過激な提案
第5回 手引書(豆腐製造業版)を読み解く
執筆/相模屋食料株式会社 品質保証部 品質管理課長 青木 康彦


WOW!

JIS Q 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)案等公開される
8月6日までパブリックコメント受付中
OHSMS関連のJIS案(PDF)4本のダウンロードが可能


And more

■目次
■ISO leading-edge trend
■JAB認定 ISO 9001/14001認証取得状況
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.