アイソス 特集 ISO 9000ベース「人材育成」の勧め [2021年1月号(12月10日発売)278号]

販売価格: 1,980円(税込)

在庫数 30点

アイソスには【雑誌版】と【デジタル版】があります。【雑誌版】とは、通常の紙媒体による雑誌のことです。 【デジタル版】とは、ブラウザー上で読むことができる電子雑誌のことで、アイソス2016年10月号から発行しています。 Fujisanでは、【雑誌版】と【デジタル版】の年間購読、【デジタル版】の単品販売を、Amazonでは、【雑誌版】の単品販売を行っています。


アイソスの購読は下記のボタンから

新年号の特集は『ISO 9000ベース「人材育成」の勧め』

顧客価値をもたらす製品・サービスを実現するうえで、組織の価値観や技術・技能を正しく受け継ぎ、経営環境の変化に即応した問題・課題の解決に優れた人材が求められますが、変容する顧客・社会のニーズ・期待に対して的確に対応できる人材育成に苦慮する場面に遭遇するものです。そこで今回は、ISO 9001の品質マネジメントシステムをベースに、組織の持続的発展を支える人材をどのように育成していくか、その仕組みの構築と運用について事例を交えて紐解き、その発展系としてTQM(総合的品質管理)ベースの人材育成の糸口を探ります。本特集の執筆者は、村川賢司氏です。

NEWS & REPORTS

NEWS & REPORTSでは、前号に続いて「The ISO Survey 2019」の報告を行います。前号では、ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001の3規格の認証動向を紹介しましたが、今号では、ISO 22000(食品安全)、ISO 45001(労働安全衛生)、ISO 13485(医療機器)、ISO 50001(エネルギー)、ISO 20000‐1(ITサービス)、ISO 22301(事業継続)、ISO 28000(サプライチェーンセキュリティ)、ISO 39001(道路交通安全)、ISO 37001(贈収賄防止)の9規格の認証動向を紹介します。

Viewpoint this month

Viewpoint this monthでは、3月からリモート審査をスタートさせている認証機関・ビューローベリタス(BV)ジャパンの取組みを紹介します。組織でリモート受審の経験値が増えていくと、たとえコロナ禍が収束したとしても、リモート審査を希望する流れが出て来ると同社は予想しています。また最近、海外サイトとのリモート審査のテストも問題なく実施できたことから、グローバルなリモート審査も可能になってきたそうです。同社のリモート審査責任者の山口大輔氏から話を聞きました。

目次(本文96ページ)


特集 ISO 9000ベース「人材育成」の勧め

執筆/村川技術士事務所 所長 村川 賢司
【特集目次】
はじめに
1. 組織の持続的発展と人材
2. QMSベースの人材育成の仕組みの構築と運営
3. 発展系“TQMベースの人材育成”へのいざない


NEWS & REPORTS

The ISO Survey 2019(その2)
急成長を見せるISO 45001認証
日本はISO 28000及びISO 37001の認証はゼロ
本誌編集部


連載

■Viewpoint

BVジャパンはQMS/EMS/ISMS/OHSMSでリモート審査を展開
グローバルなリモート審査も可能に
取材先/ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 ISMSプロダクトマネージャー 山口 大輔 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第4回 サイバーセキュリティにおける「箱入り娘の罠」
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第4回 ソフトウェアセンサーの活用
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
〜Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化〜
連載 第4回 日本企業に求められるスマートシティ国際標準化の戦略的活用
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント 田中 克昌

■新しい国際規格の紹介

(1)ISO/IEC 20547(Information technology -- Big data reference architecture)
ビッグデータ・リファレンス アーキテクチャーの
国際規格(IS)と技術仕様書(TR)を発行

(2)ISO 22095:2020 (Chain of custody -- General terminology and models)
世界中のサプライヤーの共通言語
  「加工・流通過程の管理」の規格登場

(3)ISO 29991:2020(Language-learning services -- Requirements)
語学学習サービスへの品質のこだわり
第三者審査に使用可能な要求事項

■QCツール

QC手法 7のヒミツv 連載 第4回 QC七つ道具(3)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
〜変化への柔軟な対応〜
連載 第4回 「問題解決」がマネジメントの基本 〜マネジメント リテラシー〜
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第10回 品質問題は、会議室ではなくプロセスの現場で起きている
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第4回 ICT(情報通信技術)を活用した新たな審査、セミナーへの展望
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO)
食品ビジネスユニット 参事 新井 信太郎
研修事業部 取締役研修事業部長 上野 主税

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第7回 ISMSを使いこなす(個人情報の取扱いにおける要員の提供)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第4回 OHS-MSにおけるSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第28回 生き残り策
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■書評
■WOW! 日本認定機関協議会(JAC)が食品安全セミナー開催
■WOW! 日本品質管理学会・サービスエクセレンス/生産革新部会 第10回知識共有会
■編集後記/次号予告/広告目次など